カテゴリー

入間川指圧センター

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山
2F 206号室
(グラム調整薬局・ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911

最寄り駅

西武新宿線狭山市駅
西口より徒歩3分

駐車場完備

初めて車でご来院の方は、駐車場の場所をお知らせいたしますので、ご遠慮なく お電話ください

~  施術事例  ~

2018年01月03日

頭痛の原因

 

入間川指圧センターにて、頭痛を訴えておられた患者さんの頭痛の原因統計をとってみると、頭痛をお持ちの患者さんの70%位が肩こりの自覚が一番多く、肩こりが頭痛になるのではないかと思われている方におきましては、90%以上もの多くの方がそのようにお感じになられておいででした。

 

 

次に頭痛患者さんのうち、目の疲れ、首の張りの自覚症状をお持ちの方は、それぞれ60%位と半数以上の患者さんがいらっしゃり、目の疲れや首の凝りが頭痛の原因だと思われている方におきましては、やはり90%以上の多くの方がおられました。私が、首肩をさわった感じでも、自覚症状のあるなしに関わらず95%以上の方が首こり、肩こりが認められました。

 
その次に、頭痛になられた患者さんの自覚症状が多かったのは、頭痛の原因が睡眠不足と訴えられた患者さんが多く、またパソコンを毎日使っているという患者さんがダントツ多く、ほとんどの頭痛持ちの患者さんがパソコンで姿勢を悪くしてやっているとのお答えが多かったです。
パソコン仕事で座りっぱなしなど、ずっと同じ姿勢を続けるような動作は、肩こりや目の疲れの原因となりますので、このようなお仕事をお持ちの方は、自覚症状がなくても肩の張りがあると考えることが大切です。

肩の硬直を感じとることができたなら、悪化して頭痛になることを姿勢を正すなどして未然に防ぐことができるからです。

 

 

パソコン、スマホを頻繁にやっている。

首肩こりを感じることが多い。

疲れが取れないと感じることがある。

ストレスを感じることが多い。

などを感じられる人ほど頭痛になられる頻度も多く、統計からも窺える様にパソコン・スマホなどの使用によるこれらの生活習慣は頭痛と関わりがあるようです。

 

 

また、人間関係などのストレスが頭痛の原因になっている人も有り、逆に頭痛が原因で人と関わりたくなくなって人付き合いが悪くなったり、頭痛が発症して子どもたちの入学式や卒業式など重要なイベントに行けなかったり、仕事が予定通りに進まず、頭痛が酷くなると仕事を休んだりして周囲に迷惑をかけてしまわれる人もいらっしゃいました。
中には、頭痛が始まって運転中や授業中に頭が痛くなり、スーッと意識が遠のいたことがおありの患者さんもいらっしゃいました。

 

 

入間川指圧センターでは、緊張性頭痛や偏頭痛、群発性頭痛など様々なタイプの頭痛の原因となる頭の張り、首こり、肩こりの解消治療を得意としており、頭痛を見違えるように解消いたします。

 

 

頭、首は一般的に普通のマッサージ所でも施術が難しく、施術して下さらない所が多いですが、当経絡指圧マッサージ治療院では、筋肉リリースでも有名な肩甲骨の内側にある菱形筋の深部をほぐすだけではなく、頭部、頚部の指圧マッサージを率先して丁寧な指圧治療を行っております。

 

 

数多くの治療院を経験してきた院長から見て、頭痛の治療には経絡指圧マッサージが大変効果的です。

また、ご希望に応じて頭部への血流をスムーズにするために大切な顎関節の調整も行っており、合せて全身の骨格の矯正アジャストもご希望の方には施術いたします。

顎関節や全身の矯正は血行を良くするだけではなく、顔や全身の歪みのない本来の美しい姿へ戻してくます。

 

 

時々、何十年も慢性的な頭痛を患った方も初診でいらっしゃいますが、30年来ずっと頭痛だった患者さんも綺麗に治っており、しかも頭痛が長期的に無くなり始めるとそれ以降、ほとんど頭痛が発症しなくなりますので、是非、当経絡指圧マッサージをお試しにいらっしゃってください。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年01月03日

腰痛が治るためには

 

腰痛など、痛いところをマッサージされるのは気持ちが良いですね。

しかし、普通にマッサージしても腰痛が治るためには不十分です。

 

 

腰痛の要因は様々なものが考えられますが、マッサージが効果を発揮するのは、筋肉の緊張や血行不良、骨格の歪みから来る痛みのみです。

入間川指圧センターでは単なるマッサージではなく、鍼で使用する経絡という概念であるツボを根底からあらゆる角度でアプローチし、経絡指圧マッサージを行っております。

 

 

骨や神経などによる痛みがあった場合、マッサージだけでは刺激によって症状が悪化することもありますが、ツボに対する集中力や28年以上に渡る腰痛の治療に自信のある当経絡指圧治療院には腰痛が治るためのノウハウが違いますので、より良い結果が得られます。

なぜならば入間川指圧センターは元々、腰痛が治るためにはどうするべきかを実践して作られた治療院だからなのです。

 

 

当指圧治療院の院長は、高校生から続く学生時代に長らくスポーツによる重度な腰痛に悩んでおりました。

今でこそ完治しておりますが、当時は絶望的に治らない腰痛に、国立大学病院や総合病院から始まり、腰痛専門病院、鍼、灸、カイロプラクティック、整体、接骨院、整骨院など腰痛に特化したあらゆる腰痛が治るためにある様々な病院に通っていた時代があります。

それは10年近くに及ぶ歳月を要した期間でした。

 

 

この絶望的な期間の中で、普通では行わないようなことも同時に実践しておりました。

それは、自ら腰痛治療専門の先生になるという事でした。

この長い治療期間の中で唯一手を出さなかった治療法がありましたが、それがマッサージでした。

腰痛が治るためにはその原因を解決しなくては治らないだろうと素人の頃には考えておりましたが間違いでした。

むしろ、いくら対処療法を行い、理論的な療法を提案する病院に通っても治癒には至らず、無駄な時間を過ごすだけに留まり、実際にはどの先生も腰痛で苦しんだことはなく、学問や伝承によって机上の空論を言っているだけでしかありませんでした。

 

 

そんな折、計画的に受験勉強をした指圧の学校に合格し、偶然にも、その学校内の知人により紹介された有名な指圧の先生の弟子になることが決まったのです。

この運命的な指圧との出会いが、その後の腰痛が治るための考え方を修正していくことになります。

 

 

マッサージや指圧が腰痛に効果があるのか?

たかが押しただけで?

という当初の考えから、腰痛を治すことが出来ない致命的な現代医療の欠陥に気がつくことができました。

 

 

それは、現代医療の殆どが、腰痛が治るためには原因として何が考えられるかということだけを考えすぎていて、その考えその物が西洋的な対処療法であって人間の身体の構造を理解していないということなのです。

 

 

つまり、人の体はバランスで成り立っており、決して原因だけがすべてではないということでした。

これは、入間川指圧センターの院長が腰痛から脱却して、腰痛を完全に根治できたからこそ自信を持って言えます。

 

 

マッサージは、単純に筋肉や歪んだ骨格を整えるに留まると言えます。

しかし、3500年の歴史を持つ経絡は違います。

3500年もの昔の中国は、世界4大文明のひとつ、黄河文明として中国史上最も栄えた文明で、あのピラミッドで有名なエジプト文明と肩を並べて競えるほどレベルの高い文明であり、当時はヨーロッパよりも中国を中心としたアジアが世界の中でも優勢的に交易や貿易が栄える先進国だったのです。

そして、中国は医療においても先進的で、人体をもちいた臨床検体研究がとても盛んな国でした。

 

 

中国にて、皇帝の病気予防に作られていた人体実験とも言える囚人を用いた鍼での刺鍼は、科学的で臨床データをきちんと残し一つ一つのツボを発見して作り上げた経緯がありますので、信憑性がとてもありました。

当時の中国の陶磁器などを見て見てみても、大変優秀で現在の金銭的な価値に置き換えても天文学的な値段がつけられるほどです。

 

 

この中国全盛期とも言える時代に作り上げられたツボは、歴史の中で成熟したために信用度があります。

1つのツボを様々な正しい角度で鋭角的に指圧すると、ツボの効力により周辺の筋組織が弛緩してフニャンと柔らかくなる特性がありますので、普通のマッサージの数十倍の効力があり、治療効果も大変大きいです。

このツボを何十個も組み合わせて施術する経絡指圧は、中国書記に記載してある通り、ありとあらゆる症状に対して治療効果もあります。

 

 

腰痛が治るために腰のバランスを取り戻すためには、腰の筋肉の深層筋を効果的に緩める技術が必要です。

ツボを鋭角的に捉えて繊細な指圧技術を駆使して施術を行えば、筋肉のバランスを整えるだけではなく、筋肉に付随した骨格の歪みも正してくれます。

腰痛の根幹には硬結と言われるツボの中心核があり、この中心核を指圧で打ち抜くことによって、末梢神経に影響を与えている筋肉内の硬結を緩めることが出来、硬結を取り除くことで余計な筋緊張を弛緩させ、骨格の歪みも取り除いてくれるのです。

硬結の中心核を打ち抜ける優れた腕の指圧の先生は、指圧の先生100人中に1人しかいませんが、腰の筋肉のバランスを整え、骨格のバランスを整え、硬結を取り除く技術は、腰痛が治るために重要なことです。

 

 

しかし、腰痛には骨や神経から痛みが来る場合もあります。

人の体は、神経の中枢となる脳と脊髄がありますが、脊髄は脊椎管に包まれており、この人間の体軸となる脊柱の中に存在する脊椎管が、何らかの形で圧迫される病気には注意が必要です。

特に腰椎椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症などには非常に観察が必要です。

こういった病気への無暗なマッサージは脊椎管へ影響を与えかねず、足腰の痺れや痛みを伴うことがあります。

入間川指圧センターでは、このような重大な腰痛への治療を大変得意としており、脊椎管へ悪影響を与えることなく、脊柱管を圧迫している病巣部の神経の流れと血流の流れを回復させて修復させ、この病気と病院で診断された患者さんの大多数を治すに至っております。

このような脊椎管を伴う痛みがある時は安易に無資格のマッサージなどを行うことなく、国家資格を有し腰痛が治るために全力を注いでいる入間川指圧センターへご用命くださいませ。

 

110_1012_R

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年01月01日

生理痛、月経痛を解消しましょう。

 

 生理痛(月経痛)が起きる医学的な仕組みをご存知でしょうか?

生理痛など無くなってしまえばいいのに、そもそも生理って何であるのだろう?

 

 

そのようにお感じになられた女性も少なくないはず・・。

そもそも、どうして生理痛が起きるかと申しますと、プロスタグランディンというホルモンが関与してくるからです。

 

 

月経が終わった後、妊娠準備のために子宮内膜が厚くなって剥がれ落ちて排出され、プロスタグランディンという子宮を収縮させるホルモンが過剰に分泌されることによって子宮の収縮が強まるために下腹部痛が生じるのです。

 

 

プロスタグランディンは、生理痛の痛みや炎症を起こしたり、腸の蠕動運動を促す作用もあるため、下腹部痛や下痢、頭痛、腰痛、吐き気などの症状も引き起こします。

入間川指圧センターでは生理痛を解消するツボのご提案をさせて頂くだけでなく、こういった頭痛や腰痛を解消して対処療法を行うことも得意としております。

 

 

月経中にあらわれる強い下腹部痛や頭痛・腰痛などのつらい症状は、女性にとっては深刻な悩みかと思いますが、プロスタグランディンは月経痛だけでなく、疲労感、神経過敏、めまい、などの神経的な症状も引き起こしてしまいます。

このような神経症状や自律神経失調を安定させる効果があるのも経絡上にあるツボの特性なので、生理痛の痛みから二次的にくる様々な諸症状に対してツボを対処的に効かせることで、生理痛とそれに伴う症状を解消することができます。

 

 

 

月経痛とそれに伴う症状が日常生活に支障をきたすほどの状態を、「月経困難症」と呼び、月経のある女性の約30%に見られると言われています。

 

月経困難症には、子宮筋腫や子宮内膜症など病気が原因となって起こる「器質性月経困難症」と、特に原因となる病気のない「機能性月経困難症」との2つの種類があり、約2:1の割合で機能性月経困難症が多いとされています。

 

 

体質的にプロスタグランディンの分泌が多い女性は、生理痛がひどくなる傾向にありますが、冷えも月経痛の原因となり、冷えで痛みが酷くなるので、身体を冷やさないように注意が必要です。

 

 

身体が冷えて血行が悪くなると、子宮の筋肉が硬くなってスムースに収縮できなくなるため、プロスタグランディンがより過剰に分泌されることになります。

プロスタグランディンが過剰に分泌されることによって子宮の収縮が強まりますから、冷えによっても下腹部により強い生理痛が生じるのです。

また、冷えると血流が悪くなり、それよってプロスタグランディンも骨盤内に滞ってしまうため、痛みが続いてしまいます。

 

 

入間川指圧センターでは、プロスタグランディンホルモンの過剰な分泌を押さえるツボによってホルモンのコントロールを行うことができるばかりではなく、ツボによって骨盤内に溜まって淀んだ血液の血行促進を図ることによって骨盤まわりの血流を促して冷えを解消し、冷えによる生理痛の痛みを解消いたします。

実際に生理痛を治してもらいたいという理由で、ご来院なされたからのほぼ全員が月経痛の解消または緩和されております。(施術時間によって治る速度が早まります。)

 

 

また、冷えだけでなく、ストレスや運動不足などでも血行不良を招いて月経痛の原因となりますので、当院では運動するのと同等なマッサージや自動介助運動を行い運動不足解消の手助けをさせていただいております。

また、ストレスを感じにくくするツボを使用したり、すでにストレスを受けて疲れている心身に対しても、ストレス解消に効果的なツボを処方し、心の病にならないように自律神経を正常な状態に戻します。

ストレスを放置しておくと精神安定剤を生涯飲み続けることもあります。また婦人科系のホルモン剤でも同様に薬の副作用で大変なリスクを伴うことになりますので、精神安定剤やホルモン剤を長期的に飲まれることは余計に精神的な病気になったり、副作用でガンになりやすく、早期的に安全なツボによって症状の解消をされることをお勧めいたします。

 

 

さらに、通常、月経痛を抑えるために用いられる鎮痛剤は、プロスタグランディンの生成を阻害することによって効果をもたらしますが、プロスタグランディンができてしまってから飲んでも効果が出にくいので、生理痛が本格的になる前から飲むのが効果的です。しかし、月経痛の改善の為に、鎮痛剤に頼ってばかりいると身体に負担がかかって胃に障害が表れたり、ホルモンバランスを崩したりするので、当経絡指圧マッサージ治療院では東洋医学の経絡指圧によって身体に負担がかからない指圧マッサージ療法と生活習慣を改善することと合わせてお勧めいたします。

 

 

経絡指圧マッサージによって、冷えが解消し手軽に体を温められるようになります。

特に足の経絡指圧マッサージとオイルマッサージを組み合わせるとまるで足浴をしたかなのような温かさを感じれるようになり、足の血行が良くなって血流の循環を実感することができます。

 

 

内くるぶしから下へ指1本分あたりにある、水泉や照海という婦人科疾患に大変良く効くツボを中心として下腿には多くの生理痛を解消するツボが存在し、下半身や下腹部を温めるのに効果的なのでお勧めいたします。

下半身を温めるツボは、月経痛を解消するのに理想的な頭寒足熱の状態を作り出しますので、生理痛を緩和させるのにとても良く、体調維持にも効果的です。

ところが、ツボはボタンではないので、このボタン(ツボ)を押しておけば大丈夫ということにはなりません。

ツボは幾つかのツボとの組み合わせが大変重要になって参りますので、自己流のツボの使用は大変危険ですので面倒な治療の組み立ては是非、経絡指圧専門の入間川指圧センターをご用命くださいませ。

 

 

時々、きつめの骨盤矯正バンドや矯正下着、フィットしすぎるジーパンなどをされている女性をいることを施術中にお伺いいたしますが、

そのような圧迫をもたらすような衣類は骨盤まわりの血行を悪くして月経痛を悪化させることがあるので注意が必要です。

指圧には、身体のラインを細くして痩せる効果もあり、身体が細くなればフィット感が強い下着や服装でもゆったりと着こなすことができて、骨盤への圧迫も少なくて済みます。

これまで述べてきましたように副作用がない指圧を身体に施すことで、苦痛を伴う生理痛から解放され負担のない日常生活を送れるようになります。

 

 

生理痛だけではなく、月経前症候群、子宮内膜症、子宮筋腫、慢性骨盤炎(習慣性流産)、不妊治療、つわり、逆子など入間川指圧センターでは28年の実績の中で数多くの婦人科疾患を解消してまいりました。

手術をすれば解決することもありますが、必ずしも手術で解決することばかりでもなく、逆に手術をしたことによって慢性的に産婦人科疾患が悪化したという話も良く聞きます。

人の体は繊細であり、人の心には手術に対する抵抗感もあります。

特に原因のない生理痛・月経痛などは手術することがありませんので、一度、当経絡指圧マッサージをお受けになってみては如何でしょうか?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年12月27日

リウマチ、膠原病を解消しましょう。

 

リウマチと膠原病は、日本では同意語として扱われ、リウマチ・膠原病内科といった外来科が設けられている病院がありますが、「リウマチ」という言葉は俗称で、本来は身体の関節が痛くなる病気全て含めてリウマチとしており、日本ではリウマチとは関節リウマチの事を言います。

 

 

関節リウマチは膠原病の最も代表的な病気であり、膠原病というジャンルの中に関節リウマチが含まれるのです。

 

 

関節リウマチや膠原病は、東洋医学経絡の世界では、古くからツボでの治療がなされ、古典の書記にも治療方法が具体的に掲載されています。

現代では、古典の書記よりさらに精度を高られ洗練された治療効果の高い経絡指圧療法が編み出され、リウマチや多くの膠原病に対する経絡指圧治療方法が確立されております。

 

 

膠原病とは1つの病気を指すのではなく、共通する性質の病気を総称する言葉なので、ひとつの病気というよりは一連の疾患群の総称で、膠原病の症状を共通点に持つ病気のグループのことを差します。

共通する症状とは関節の腫れや痛み、こわばりなどがあります。

 

 

関節の腫れや痛み、こわばりなどを放置するとさらに硬直が進んで、そのまま動かなくなってしまいます。

現在、新薬の開発により病状の進行速度を大変遅くすることができるようになりましたが、副作用も多く、薬の効果が生涯効き続けられるかと言うとそうでもありません。

医学的にも患部をマッサージすることは効果的な療法のひとつとされ、慢性的になった膠原病などは、むしろマッサージという手技療法以外、他には治療の手段があまりないのが実情です。

 

 

当院で推奨しております経絡指圧マッサージ療法は、治療としてツボの中心軸を使う為に、マッサージの国家資格を所持していないマッサージ店よりも遥かに効能が高いですが、関節患部だけに作用する効能だけではなく、五臓六腑として考えられている内蔵にも効果が有り、全身や臓器への代謝も活発にいたしますので、臓器の正常な働きや代謝を維持し低下させない予防にも効果があります。

膠原病は臓器そのものに異常を生じる病気ではありませんが、病気が進行すると臓器にも障害が現れるようになりますので、悪化する前に、このような治療効果のある経絡指圧マッサージを施術なさって症状進行の予防をお勧めいたします。

 

 

膠原病の大きな特徴は、細胞と細胞の間にある結合組織に異常が現れることです。

細胞同士を結び付けている結合組織は、膠原繊維というコラーゲンの一種で作られており、膠原繊維が膠原病の名の由来になっています。

結合組織は全身に存在していますので関節や臓器など、症状が全身に現れる可能性があります。

その為、全身性エリテマトーデスや関節リウマチなどは身体全体に症状が出現するのです。

 

 

こういった全身性の関節の腫れや痛み、こわばりにはマッサージがとても有効とされています。

特に指圧マッサージでは単純にマッサージをするのではなく、経絡というツボに直接、指圧で一点圧の刺激を与えるので鍼と同じく効果は絶大です。

そして、血管に穴を開けてしまう鍼よりも安全で気持ちが大変良いです。

時として、鍼は鍼を媒介として芽胞を持つエイズやC型肝炎が人に感染する恐れもあります。

免疫の病である膠原病を持つ方が、鍼で万一、C型肝炎や後天性免疫不全症候群などに感染すると大変不味いことになってしまうので要注意です。

 

 

不味いことになってしまう理由といたしましては、膠原病が発症する原因は免疫機能の異常にあることに起因します。

人体には異物である細菌やウイルスを排除する免疫機能が備わっていますが、膠原病はこの機能に異常が起こって自分の身体を異物として誤認してしまい、自分自身の細胞そのものを排除しようとして自分自身を攻撃してしまうので、自己免疫反応に異常をきたしてしまうのです。

 

 

膠原病には関節リュウマチの他に、全身性エリテマトーデス、全身性硬化症、シェーグレン症候群、強皮症、皮膚筋炎、血管炎、多発性筋炎、結節性多発動脈炎、リウマチ熱などがあります。

 

 

当院では、このような多種多様な膠原病への経絡指圧マッサージ治療を得意としております。

実際、膠原病を患ってお越しになる患者さんも数多くいらっしゃり、入間川指圧センターの経絡指圧マッサージによって、症状の緩和、安定がなされ、膠原病の症状や後遺症に苦しまず、日常生活を営まれる方も沢山いらっしゃいます。

 

 

ある患者さんは、当院の施術前には起き上がるのに30分もかかったのですが、複数回の指圧マッサージ治療後には、関節のこわばりも解消され起き上がるのにわずか10秒で起き上がれるようになって、関節の疼痛もほぼ無くられた患者さんもいらっしゃいます。

 

 

また、リウマチ、膠原病は比較的遺伝しないと言われており、リウマチ持ちの方のご子息にリウマチ因子が見つからない時も多いですが、肩の強烈な凝りの体質は確実にご子息に受け継がれ似てしまいます。

原因がわからない不調や異常な凝りの体質は、もしかしたら身体に受け継がれているのかもしれませんね。

リウマチや膠原病で、お悩み・不安・遺伝的体質のある方は、症状が悪化する前に、入間川指圧センターにお電話ご予約の上、お越しくださいませ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年09月30日

緊張性頭痛は指圧で治ります。

 

緊張型頭痛とは、心身のストレスによって首や肩の筋肉による緊張が原因で起こる頭痛です。

身体的・精神的ストレスによる首や肩の筋肉のこりが、緊張型頭痛の主な原因と考えられているのです。

 

 

慢性頭痛のうち、日本人に最も多いのが緊張型頭痛という統計があります。

およそ2200万人以上の方が、緊張性頭痛を経験したことがあると言われておりまして、入間川指圧センターでも最も治した患者さんが多い頭痛のタイプです。

 

 

意外と知られていないですが、緊張性頭痛は指圧治療がとても効果的で30年来の頭痛が指圧による頭部と頚肩部のマッサージで治ってしまったという患者さんが数多くいらっしゃいます。

驚いたことに一度、指圧で完治すると永年、頭痛が再発することがなく、それまで頭痛で苦しんでいたのが嘘のように楽になります。

 

 

緊張性頭痛は、群発性頭痛や片頭痛のように寝込んでしまうほどの強い痛みはありませんが、頭全体が締め付けられるような痛みが長期間続くのが特徴なので、頭痛から開放される時間が少なく、心理的にもうんざりしてしまいます。

 

 

車の運転や電車での移動。仕事や家事などで長時間同じ姿勢をとり続けて、首や肩の筋肉が緊張したときや、精神的なストレスによって無意識に筋肉を収縮させた状態が続いたときなどに首や肩が張ります。

また、遺伝的要素も大きな関係あり、お父様やお母様が肩こりや頭痛持ちだったりすると、大抵の場合、自覚が無くても首や肩が張っているものです。

首や肩が凝ると、筋肉が神経を刺激して、電気的な信号が痛みとして頭部に伝わるのではないかと考えられています。

さらに、首や肩こりの筋肉の張りは血管をも圧迫させて、頭部への血流に悪影響を与えて血流が低下しやすくなるため、頭部での血圧の不安定性を作り頭痛を引き起こし易くなるのです。

 

 

緊張型頭痛の予防や改善には、適度な運動やストレス解消など、生活習慣を改善するによって、多少頭痛を解消できますが、少々運動したからと言って急速に頭痛がなくなることもありません。

パソコン作業や仕事などで同じ姿勢をとり続けたりすると、筋肉が固まって筋緊張が始まり、やがて凝りに変わってゆくのです。

また、ストレスが続くと緊張感も続くために、筋肉が強ばって凝りが増えてゆくのです。

10代なら首や肩を回すなどして、筋肉をほぐすこともできるでしょうが、加齢とともに一度身に付いた凝りは中々、そう簡単に自力で取れるものではありません。

ストレッチなどで体を温め伸ばしても、伸ばせる筋肉の種類も限られています。

ストレッチだけでは深層筋や身体全体の筋肉をほぐせないばかりではなく、ストレッチの習慣がついていない人が、生涯を通して毎日1~2時間、意識してストレッチを行うことは大変難しいことです。

 

 

しかしながら、そのような難しいストレッチをなさらなくても、入間川指圧センターにて治療ベッドに横になり、指圧マッサージをお受けになるだけで、指圧が運動効果をもたらしてくれるばかりではなく、指圧マッサージによって続けにくいストレッチも難なく行えてしまいます。ストレッチではほぐしにくい深層筋や身体全体の筋肉も指圧マッサージによって、ほぐせてしまうのです。

自主的なセルフケアで改善されない頑固な凝りも、東洋医学である経絡指圧のツボの効力によって頭部、頚部、肩部の深層筋の「硬結」が取り除かれ、ツボの効力によって頭部への神経の流れが正常化し頭痛が解消されるのです。

 

 

固く頑固なコリが定着してしまうと、中々、自然には取れてくれませんので、直接的に患部をほぐしたり、顎関節や骨格や骨盤なども矯正してあげる必要があります。

 

 

パソコン作業などで同じ姿勢をとり続けていると首や肩が張っていき、筋肉が硬直してしまいます。

筋肉がこわばってくると、筋膜が癒着してしまったり、指圧の世界では「硬結」と言われる硬いシコリができて神経に圧迫を加えて痛みを引き起こしてしまいますので、放置せずに早めにほぐすことを意識しましょう。

 

 

病院外来などの受診を受けて病院で頭痛を治そうとすると、単純に痛み止めである鎮痛薬を処方されるばかりではなく、いずれ鎮痛薬から、抗不安薬、抗うつ薬などに変えられてしまいます。

筋弛緩薬や抗不安薬、抗うつ薬などは、神経に作用して精神的かつ肉体的に強い副作用を表してしまうことが少なくありません。

精神関係のお薬は、三環系にしても四環系にしても強い副作用や常用性があり、生涯止められなくなってしまうことでしょう。

今まで何でもなかった心理面にも影響を与え、反って精神不安定に陥ってしまうのです。

 

 

そればかりではなく、鎮痛薬の使い過ぎから頭痛が起こることもしばしば有り、

片頭痛や緊張型頭痛がある人は、鎮痛薬の使い過ぎによって、市販薬、処方薬ともに「薬物乱用頭痛」が起こる恐れがあります。

頻繁に鎮痛薬を使うことで脳が痛みに対して敏感になって、少しの刺激で頭痛が起きるようになるのです。結果的に頭痛を抑えようとして薬の量がさらに増える、という悪循環に陥ります。

 

 

薬物乱用頭痛を防ぐためにも、慢性的な頭痛がおありでしたら放置したり、頭痛薬や鎮痛剤に頼って一時的な対処療法をせずに、完治を目指して副作用の全くない安全な経絡指圧にてマッサージを試みては如何でしょうか?

入間川指圧センターは、28年以上の実績を積み重ね、すでに頭痛を完治させるプログラムを構築してありますので、皆様の期待を裏切らない素晴らしい施術をお約束致します。

予約が取りにくい人気な指圧治療院ですが、効果は確かなものがあります。

是非、一度お電話の上、お試しくださいませ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入間川指圧センター

院長 西川 宗幸
(日本指圧師会正会員)

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
(グラム調整薬局・
ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、
踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911