カテゴリー

入間川指圧センター

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山
2F 206号室
(グラム調整薬局・ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911

最寄り駅

西武新宿線狭山市駅
西口より徒歩3分

駐車場完備

初めて車でご来院の方は、駐車場の場所をお知らせいたしますので、ご遠慮なく お電話ください

~  施術事例  ~

2015年11月27日

腰痛の原因別カテゴリー。

 

腰痛の原因は、大きく3つに分類されます。

 

 

1つ目は、背骨である脊椎の腰部分となる腰椎を直接的に障害して腰痛となるもの。

2つ目は、腰椎とは直接的に関係がない、迷走神経などの内蔵へ分布する神経を刺激して腰痛となるもの。

3つ目は、腰椎とは直接的に関係がなく、腰部周辺の坐骨神経などへ圧迫、刺激を与えて腰痛となるもの。
に分けられます。

 

 

 

1つ目の腰痛には、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、脊椎分離症、背骨の骨折など、腰椎に異常がある病気だけでなく、骨への細菌感染やがんの骨転移といった命にかかわる危険な病気も含まれます。

 

2つ目に含まれる腰痛として、胃潰瘍など消化器系の病気、尿路結石など泌尿器系の病気、子宮筋腫など婦人科系の病気、解離性大動脈瘤など循環器系の病気などがあります。

 

 

3つ目の腰痛は、脊椎起立筋、腸腰筋、大殿筋、中殿筋、深層外旋六筋などの筋肉が硬直して、坐骨神経などを圧迫したり、骨盤の歪みや側弯症などで筋肉に歪みが生じ、疼痛が引き起こされます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年11月27日

頭痛へのマッサージ方法(群発頭痛編)

 

群発頭痛はある時期に長期間集中して起こり、男性に多くみられます。目の奥がえぐられるような痛みが特徴で、アルコールが痛みの発症の引き金になります。

群発地震のように、ある期間に集中して頭痛が起こるところから群発頭痛と言われています。

 

 

群発頭痛は、緊張型頭痛や片頭痛と比べて患者数が少なく、症状から片頭痛などと間違えてしまう場合があります。
群発頭痛は、春先や秋口など季節の変わり目にはじまり、一度頭痛があらわれると、毎日のように一定期間、1~2ヵ月くらい続きます。その後、半年から2~3年と、しばらく時間がたった後、再び頭痛が発症します。
群発適に頭痛か起こっている以外の期間は、頭痛はすっかり治まってしまいますので、
患者さんは、「治ったのに、結局まだ治っていなかった。どこへ行っても治らない。」
という思いを持たれます。

 

 

女性に多くみられる片頭痛に対し、群発頭痛の場合には20~40歳代の男性に多く、女性の4~5倍にもなります。その原因ははっきり解明されていません。
群発頭痛は、「目がえぐられるような」頭痛を伴い、耐えられないほどの痛みがあります。あまりの痛みにじっとしていることができず、痛みを紛らわせるために動き回らずにはいられない、ひどいときには痛みのあまり頭を壁に打ちつけるという人もあるようです。

 

 

★群発頭痛の主な症状をまとめてみました。

●頻度 ・1~2ヵ月間に集中してほぼ毎日起こる

●主訴
・頭の片側が痛む
・片側だけの目の奥や周囲にあらわれる。
●症状
・目の奥がえぐられるような激痛
・痛くてじっとしていられない
・耐え難い痛み
●経過
・1日に1~2回起こり、1回の痛みは15分から3時間続く
・毎日ほとんど同じ時刻に痛みだす。
●備考 ・動くと痛みが紛れる(動き回らずにはいられない)
●備考 ・目の充血や涙、鼻水などを伴うことがある。

 

 

群発頭痛はアルコールによって頭痛発作が発症しますが、群発期には飲酒約1時間後に発作が必ずあらわれます。
また、タバコや気圧の急激な変化なども誘因となることもあります。
群発頭痛の発症のメカニズムは、まだ未解明ですが、頭部の血管の拡張がかかわっていると考えられており、目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥が痛むといわれています。
群発頭痛は、涙腺や瞳孔をコントロールしている自律神経にも刺激して作用を与えるので、脳の血管だけでなく、目の周辺の血管の血流を普段から促しておかなければなりません。

 

 

当指圧マッサージ治療院では、重度な群発頭痛にも効いてくれる脳血流を促すための経絡、血管拡張を落ち着かせるツボを使って、脳の深部まで刺激することができます。
副作用も全くないテクニックを使って、群発頭痛の発症の頻度を減少させ、消滅させることもできます。

 

 

また、目の周辺の経穴ツボを指圧マッサージする事で、目の血流を良くするだけでなく、目頭、こじわ、目尻、顔の表情をも整え血行を改善して、涙腺や瞳孔をコントロールしている自律神経をも整え、群発頭痛を解消いたします。
当指圧マッサージ治療院の経絡・経穴指圧マッサージの施術を受けにいらっしゃって、群発頭痛を無くしましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

2015年11月24日

便秘を解消しましょう。

 

指圧マッサージは便秘解消に有効です。
人は蠕動運動と言われる内容物を直腸まで移動させる腸の収縮運動によって便通があります。

 
蠕動運動は自律神経の働きによって自動的に行われているため、意識的に調整することはできませんが、食物や水分をとることによって少し活発になります。

しかし、便秘勝ちな人は、その位の刺激では大きな蠕動運動を作る事ができません。

 

 

当指圧マッサージ治療院では、肩や腰、足に存在する便秘解消用のツボを独自な指圧施術することによって、とても大きな腸蠕動を起こすことができます。

 

 

また、当指圧マッサージ治療院では、即効性ある経絡指圧マッサージの施術を行うことで、マッサージ中に腸の動きを活性化することができ、治療途中にトイレへ行かれる方が多くおられます。

 

 

経絡指圧マッサージを行うことで、副交感神経が活性化し、リラックスすることで腸蠕動運動を活性化させることができるのです。

そして、経穴ツボを使って、強制的に大蠕動運動を促して便秘の解消を行います。

当治療院の経穴指圧マッサージの施術を受けて、便秘の悩みをなくましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年11月23日

頭痛へのマッサージ方法(緊張型頭痛編)

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で悩んでいるのをご存知でしょうか?
「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発性頭痛」の3つのタイプの頭痛は、頭痛全体の95%に該当します。
緊張型頭痛は、頭部や首、肩の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなり、筋肉内に乳酸などの老廃物がたまって腫れ、その周囲の神経が圧迫されて痛みが生じるのです。
緊張型頭痛が起きる原因としては、精神的・身体的ストレスであることが多く、パソコンや裁縫などで長時間同じ姿勢をしていると起こりやすくなります。
また、うつ病など心の病気が原因となる緊張型頭痛もあり、片頭痛と併せ持つ人もいます。
緊張型頭痛は、片頭痛よりは軽度ですが、目の疲れや倦怠感とともに痛みが現れやすく、後頭部を中心に頭全体がしめつけられるように痛み、酷くなると吐き気を伴うこともあります。
緊張型頭痛は数時間で治まる場合や、数ヶ月以上も続き慢性化することもあります。

 

 

当指圧マッサージ治療院では、筋肉を弛緩させるツボを使って、頭や首、肩の張りを取り除き、血行をスムーズに良くすることができます。
筋緊張とコリを取り除くことができれば、緊張型頭痛は、永続的に消滅させることができます。

当指圧マッサージ治療院の経穴指圧療法は、鍼を使わなくても、鍼よりも効力が高い深部経穴ツボを使いますので、普通の指圧よりも進入角度、中心角の捉え方が違います。

 
経穴ツボの中心角に適切に、打ち込んで刺激すると、ツボの習性でコリ全体がほぐれて緩む特性があります。
是非、経穴ツボの指圧マッサージ療法によって頭痛が無くなる事を感じて下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年11月21日

頭痛へのマッサージ方法(片頭痛編)

 

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で悩んでいるのをご存知でしょうか?

 
「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発性頭痛」の3つのタイプの頭痛は、頭痛全体の95%に該当します。

 
片頭痛は、何らかの原因で脳の血管が急激に拡張して頭痛になります。
脳の血管が拡張することで、三叉神経を圧迫して発生される炎症物質が、さらに血管を拡張して片頭痛となるのです。

 
片頭痛は、実は、ストレスから解放されたときや、リラックスして気が抜けた時などに片頭痛になりやすくなります。

 
また、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、片頭痛になりやすくなります。

 
片頭痛は肩こりが原因の事が多く、こめかみから目の周辺や奥がズキズキと痛み、頭の片側だけでなく両側が痛むこともあります。
片頭痛は体を動かすと痛みが増幅します。

 
頭痛以外の症状といたしましては、片頭痛は、吐き気、嘔吐、下痢などの症状を伴う事があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になります。
2~3日間は痛みが続き、1ヶ月に1、2度、多い人では1週間に1回のペースで頭痛を繰り返します。

 
当指圧マッサージ治療院では、この周期的に片頭痛が発症するペースを少しずつ間隔を広げて、頭痛になるタイミングを遅らせながら、最終的に片頭痛そのものを消滅させる事ができます。

 
当指圧マッサージ治療院の経穴指圧マッサージ療法は、鍼を使わなくても、鍼よりも効力が高い深部経穴を使いますので、普通の指圧マッサージよりも進入角度、中心角の捉え方が違います。
是非、経穴ツボの指圧マッサージ療法によって頭痛が無くなる事を感じて下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入間川指圧センター

院長 西川 宗幸
(日本指圧師会正会員)

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
(グラム調整薬局・
ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、
踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911