カテゴリー

入間川指圧センター

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山
2F 206号室
(グラム調整薬局・ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911

最寄り駅

西武新宿線狭山市駅
西口より徒歩3分

駐車場完備

初めて車でご来院の方は、駐車場の場所をお知らせいたしますので、ご遠慮なく お電話ください

~  施術事例  ~

2017年09月30日

緊張性頭痛は指圧で治ります。

 

緊張型頭痛とは、心身のストレスによって首や肩の筋肉による緊張が原因で起こる頭痛です。

身体的・精神的ストレスによる首や肩の筋肉のこりが、緊張型頭痛の主な原因と考えられているのです。

 

 

慢性頭痛のうち、日本人に最も多いのが緊張型頭痛という統計があります。

およそ2200万人以上の方が、緊張性頭痛を経験したことがあると言われておりまして、入間川指圧センターでも最も治した患者さんが多い頭痛のタイプです。

 

 

意外と知られていないですが、緊張性頭痛は指圧治療がとても効果的で30年来の頭痛が指圧による頭部と頚肩部のマッサージで治ってしまったという患者さんが数多くいらっしゃいます。

驚いたことに一度、指圧で完治すると永年、頭痛が再発することがなく、それまで頭痛で苦しんでいたのが嘘のように楽になります。

 

 

緊張性頭痛は、群発性頭痛や片頭痛のように寝込んでしまうほどの強い痛みはありませんが、頭全体が締め付けられるような痛みが長期間続くのが特徴なので、頭痛から開放される時間が少なく、心理的にもうんざりしてしまいます。

 

 

車の運転や電車での移動。仕事や家事などで長時間同じ姿勢をとり続けて、首や肩の筋肉が緊張したときや、精神的なストレスによって無意識に筋肉を収縮させた状態が続いたときなどに首や肩が張ります。

また、遺伝的要素も大きな関係あり、お父様やお母様が肩こりや頭痛持ちだったりすると、大抵の場合、自覚が無くても首や肩が張っているものです。

首や肩が凝ると、筋肉が神経を刺激して、電気的な信号が痛みとして頭部に伝わるのではないかと考えられています。

さらに、首や肩こりの筋肉の張りは血管をも圧迫させて、頭部への血流に悪影響を与えて血流が低下しやすくなるため、頭部での血圧の不安定性を作り頭痛を引き起こし易くなるのです。

 

 

緊張型頭痛の予防や改善には、適度な運動やストレス解消など、生活習慣を改善するによって、多少頭痛を解消できますが、少々運動したからと言って急速に頭痛がなくなることもありません。

パソコン作業や仕事などで同じ姿勢をとり続けたりすると、筋肉が固まって筋緊張が始まり、やがて凝りに変わってゆくのです。

また、ストレスが続くと緊張感も続くために、筋肉が強ばって凝りが増えてゆくのです。

10代なら首や肩を回すなどして、筋肉をほぐすこともできるでしょうが、加齢とともに一度身に付いた凝りは中々、そう簡単に自力で取れるものではありません。

ストレッチなどで体を温め伸ばしても、伸ばせる筋肉の種類も限られています。

ストレッチだけでは深層筋や身体全体の筋肉をほぐせないばかりではなく、ストレッチの習慣がついていない人が、生涯を通して毎日1~2時間、意識してストレッチを行うことは大変難しいことです。

 

 

しかしながら、そのような難しいストレッチをなさらなくても、入間川指圧センターにて治療ベッドに横になり、指圧マッサージをお受けになるだけで、指圧が運動効果をもたらしてくれるばかりではなく、指圧マッサージによって続けにくいストレッチも難なく行えてしまいます。ストレッチではほぐしにくい深層筋や身体全体の筋肉も指圧マッサージによって、ほぐせてしまうのです。

自主的なセルフケアで改善されない頑固な凝りも、東洋医学である経絡指圧のツボの効力によって頭部、頚部、肩部の深層筋の「硬結」が取り除かれ、ツボの効力によって頭部への神経の流れが正常化し頭痛が解消されるのです。

 

 

固く頑固なコリが定着してしまうと、中々、自然には取れてくれませんので、直接的に患部をほぐしたり、顎関節や骨格や骨盤なども矯正してあげる必要があります。

 

 

パソコン作業などで同じ姿勢をとり続けていると首や肩が張っていき、筋肉が硬直してしまいます。

筋肉がこわばってくると、筋膜が癒着してしまったり、指圧の世界では「硬結」と言われる硬いシコリができて神経に圧迫を加えて痛みを引き起こしてしまいますので、放置せずに早めにほぐすことを意識しましょう。

 

 

病院外来などの受診を受けて病院で頭痛を治そうとすると、単純に痛み止めである鎮痛薬を処方されるばかりではなく、いずれ鎮痛薬から、抗不安薬、抗うつ薬などに変えられてしまいます。

筋弛緩薬や抗不安薬、抗うつ薬などは、神経に作用して精神的かつ肉体的に強い副作用を表してしまうことが少なくありません。

精神関係のお薬は、三環系にしても四環系にしても強い副作用や常用性があり、生涯止められなくなってしまうことでしょう。

今まで何でもなかった心理面にも影響を与え、反って精神不安定に陥ってしまうのです。

 

 

そればかりではなく、鎮痛薬の使い過ぎから頭痛が起こることもしばしば有り、

片頭痛や緊張型頭痛がある人は、鎮痛薬の使い過ぎによって、市販薬、処方薬ともに「薬物乱用頭痛」が起こる恐れがあります。

頻繁に鎮痛薬を使うことで脳が痛みに対して敏感になって、少しの刺激で頭痛が起きるようになるのです。結果的に頭痛を抑えようとして薬の量がさらに増える、という悪循環に陥ります。

 

 

薬物乱用頭痛を防ぐためにも、慢性的な頭痛がおありでしたら放置したり、頭痛薬や鎮痛剤に頼って一時的な対処療法をせずに、完治を目指して副作用の全くない安全な経絡指圧にてマッサージを試みては如何でしょうか?

入間川指圧センターは、28年以上の実績を積み重ね、すでに頭痛を完治させるプログラムを構築してありますので、皆様の期待を裏切らない素晴らしい施術をお約束致します。

予約が取りにくい人気な指圧治療院ですが、効果は確かなものがあります。

是非、一度お電話の上、お試しくださいませ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年03月28日

マッサージで視力回復しましょう。

 

目を酷使していると、かすんで見えたり、ぼやけてハッキリと見えなくなってくることがありませんか?
以前と比べて視力が弱くなっているのを感じ、視力回復を望んでおられる方も少なくない事でしょう。

 
視力回復をマッサージで行うと、とても気持ちが良いうえに、かすみやドライアイ、眼精疲労の改善だけではなく、効果的に視力回復もしてくれます。

 
パソコンやスマートフォンなどの画面を一定時間、見続けて目を酷使していると、
目の水晶体の厚さを調節している筋肉が緊張し続け、筋肉が腫れることで毛細血管の血流が悪くなり、目の疲れや眼精疲労などが起こります。
そんな疲れた目や水晶体の周りの筋肉をマッサージしてあげることは、視力回復する上でとても大切な事です。

 

 

水晶体とは、角膜や瞳孔を通過してきた光を屈折させ、眼底と呼ばれる網膜に映像を映し出すためのレンズの役割を果たしています。
瞳孔とはいわゆる黒目の部分で、網膜や視神経に栄養を与え、目の中を暗室にする働きがあります。 
瞳孔の周りを囲む丸い茶褐色の部分を「虹彩」といいます。瞳孔は光の通り道ですが、虹彩はその瞳孔の大きさを調節し、目に入る光の量を加減する役割を持っています。

 
水晶体の場所は目の中央部に位置し凸レンズの形をしていますが、透明で弾力性に富み、近くや遠くを見るために、その厚さを周囲の筋肉が働いて変化させているのです。

 

 

 

水晶体や虹彩の周囲の筋肉を使いすぎて腫れて血行不良を起こしてくると、やがて目から頭痛・首・肩のこりにもつながります。

視力回復するためには、目や頭のツボだけではなく、首や肩のツボをマッサージして血行を回復させてあげることも必要です。

 

 

この水晶体から入った光が当たる部分であるところの眼底は網膜と言います。
網膜は脈絡膜の内側にあり、角膜から入ってきた光を感じて像を結ぶ、カメラでいえばフィルムに相当する部分で、光の情報をとらえる視細胞と視神経がたくさん存在しています。
網膜に映し出された像は、視神経という視覚伝道路を通じて脳の視覚中枢へ映像が送られます。

 

 

これら網膜の中央部分は黄色を帯びており黄斑部と言います。
黄斑部は神経の束が集まっていて、ものを見るために最も重要な部分です。
細かいものを見る場合は、この黄斑部で見ています。

読書で文字を追って目を動かすのは、黄斑部にピントを合わせているためです。
視力回復をするためには、目の周りだけではなく、こういった網膜黄斑部付近のような目の奥の血流もスムーズになるようにマッサージしてあげましょう。

 

 

網膜黄斑部への血行が滞ってくると、細胞の所々に欠損が生じ、視力にも影響が出てきます。
加齢と共に、黄斑部の網膜細胞は欠損しやすくなり黄斑変性症という病気になります。

 
初期の症状としては、ものがゆがんで見えたり、字が見えづらくなったりします。
症状が進んで行くにつれて、視界が部分的に欠けたり、ぼやけたり見えます。
そして黄斑部の変質が進んで行くと、視野の欠落が大きくなり、やがて失明してしまいます。
視力回復するためには、現在、日本でも加齢とともに急増中の黄斑変性症も、ツボをマッサージして予防してあげましょう。

 

 

 

目の周りや頭部にある視力回復に効果的なツボをマッサージしてあげることによって、視力回復に優れた効果があります。
頭部にある目のツボの中には、水晶体付近の筋肉を弛緩させることが出来るツボから、網膜のような深部にある血行を回復することができるツボなど、様々なツボがあります。

 
きちんと正確に目のツボを痛気持ち良く押して刺激してあげることによって、目の疲れからくる頭痛・首こり・肩こりも改善してくれる効果があります。
円を描くようにマッサージしたり、小刻みにマッサージしてツボを刺激することは、指圧の真髄である一押し一点持続圧のセオリーに反してしまい効果的ではありません。

 
また、ツボを左右前後に動かしながら押すと、コリを変に刺激してしまい、コリが大きく成長してしまうので極力控えられたほうが良いです。
テニスボールやゴルフボールなどは接触面が大きすぎて、ツボを上手く的確に捉えることが出来ません。

 

 

当経絡指圧治療院では、目の関係の小さなツボを細かく的確に指圧とマッサージすることが出来ますので、頭部の細かいツボを指圧マッサージするのを得意とする入間川指圧センター(04-2954-1911)へお電話くださいませ。

 
治療効果はとても大きい目のツボのマッサージは、全身の身体のツボよりも非常に細かくて小さいので、素人さんはツボを外しやすく大変難しいものですが、ツボという東洋医学の概念には、目のツボを刺激することで気の流れと血行を促進する働きがあるばかりでなく、神経にも作用してくれますので目の周辺の筋肉を緩めることも容易にできます。

 

 

 

疲れ目やかすみ目だけでなく、視力回復にも目のツボマッサージは絶大な効果があるとされており、気の流れと血液循環の促進することで毛様体筋の弾力が回復して目のピント調節機能が向上するため視力回復できるのです。
次に視力回復に効果的な目のツボを一部ご紹介いたします。
天応・・・まゆ頭から2~3mm下のくぼみ
睛明・・・目頭の内側のくぼみ
四白・・・黒目の真下2cmの頬の部分
太陽・・・こめかみにあります。
承泣・・・黒目の丁度、真下にあります。
魚腰・・・眉の中央にあります。
瞳子膠・・・目じりからすぐ外側にあります。
糸竹空・・・眉の外側の端のくぼみです。
攅竹・・・眉の内側の端にあります。
合谷・・・手の甲の親指と人差し指の間のくぼみにあります。
これらは、ごく一部の視力回復のツボです。
目の周辺のツボだけでは視力回復するのに力不足ですので、目のツボのマッサージ効果を引き出すために、首や肩のコリを同時にほぐして血液循環を良くすることは、視力回復を望む際にとても重要です。

 
また、視力回復を促すツボは頭、頚、肩だけではなく全身にありますので、ツボの組み合わせによって目周辺の筋肉から目の深部の血行促進、神経伝達のスピードを速くするなどを自在にコントロールする事ができます。

 

 

パソコン、携帯・スマホなどの普及によって、目を酷使して目へのストレスが増す社会環境の複雑さ、睡眠不足や不規則な生活による自律神経の乱れ、オゾン層などの破壊による紫外線からの目への影響など、年々、視力を低下されてしまう要因は沢山あることと思います。

入間川指圧センターでは、視力が少しでも向上できるように、日々、視力回復をするための、効果的なマッサージに取り組んでおります。

 
目の疲れを解消されたい方、視力の低下を防ぎたい方、ドライアイなどで困られ涙腺を改善してスムーズに目を潤わせたい方、乱視や斜視など目のトラブルで目の疲れが常に出続けてしまう方、眼圧が高くなったり緑内障などでお困りの方は、是非一度、中国経絡での効果的な目の指圧によるマッサージを試されては如何でしょうか?
ご連絡お待ちしています。

 

DSC00833_R

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入間川指圧センター

院長 西川 宗幸
(日本指圧師会正会員)

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
(グラム調整薬局・
ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、
踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911