カテゴリー

入間川指圧センター

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山
2F 206号室
(グラム調整薬局・ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911

最寄り駅

西武新宿線狭山市駅
西口より徒歩3分

駐車場完備

初めて車でご来院の方は、駐車場の場所をお知らせいたしますので、ご遠慮なく お電話ください

~  施術事例  ~

2016年02月19日

腰痛の原因解消!! 腰の筋肉を柔らかくしましょう。

 

厚生労働省の発表によると、腰痛は、各症状の中で、男性では1番発症が多く、女性は肩こりに次いで2番目に発症することが多い症状です。

 

 

腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨で構成されていますが、腰痛は、腰椎や周辺の筋肉の炎症、その他の様々な要因が発症に関係しています。

腰痛のうち原因が特定できるものは15%程度であり、椎間板ヘルニアや腰椎分離症、腰椎すべり症などが腰痛の原因として特定できますが、その他、がんや臓器などの病気が原因で、腰痛になることもあります。

 

実は、腰痛の約85%は、検査をしても原因が特定できない腰痛ですが、このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心理状態が影響していることもあります。当経絡指圧マッサージ治療院では、こういった生活習慣病を改善するため、食生活や栄養の指導を行い、医食同源といった食事や運動による生活習慣病の解消斡旋アドバイスを行うほか、ストレス解消など精神系に効果的なツボを使った指圧マッサージ施術を行っております。

また、体内の神経の異常によって痛みが生じていることもありますので、当指圧センターでは、神経を圧迫している筋肉内のしこりがある場合は、指圧にてしっかりとほぐし、しこり部位を取り除きます。

 

 

腰痛の検査として、MRI画像検査などでも内蔵に異常なく、原因が特定できない腰痛は、長時間同じ姿勢でいるような仕事、運動不足や肥満、冷え症など身体的影響によることが腰痛の原因になっていることもあります。

 

 

また、ストレスの多い職場や家庭内不和など、心理面や社会的影響で不安や不眠などが生じ、腰痛が慢性化してしまうこともあります。

様々な背景によって起こっている慢性の腰痛は、筋肉の炎症による痛みや、筋肉の硬直による神経への圧迫による痛みなど、腰の筋肉の組織が複雑に張り詰めた状態です。

腰痛によって身体を動かさないでいると、それ自体が痛みを抑制する脳のシステムのバランスを崩し、神経が過敏に反応して、余計に痛みが増してしまい、筋肉も硬直してしまいます。

このように腰痛が慢性化する原因はさまざまであり、慢性化すると湿布や痛み止めだけでは効果が得られにくくなってしまいます。

 

 

検査でもよく分からない腰の痛みを作り出す要因は、他にも骨盤の歪みや、背骨の歪みなど、さまざまですが、何らかの形で神経を刺激されることによって痛みを伴うことが多く、腰痛症の解消・予防には、神経に刺激を与えるような状態を作らないよう腰回りの筋肉を柔らかくしておくことが大切です。

 

 

当経絡指圧マッサージ治療院では、ストレッチでは伸びにくい固くなりがちな腰の深い筋肉群を、東洋医学である経絡ツボの中心部を指圧すると周辺の筋肉までが柔らくなるという性質を利用して、深層筋肉まで柔らかくほぐします。

腰痛を解消する為には、普段から 腰の筋肉が柔軟になっていることが大切ですので、腰痛を予防する為に腰を指圧マッサージして柔らかくするように心がけましょう。

 

 

当指圧マッサージ治療院の院長は、スポーツによって自ら慢性の腰痛になった経緯から、整体や鍼、カイロプラクティク、大学病院など数々の治療所を訪れ、腰痛を治す試みを致しましたが、どの治療院へ行っても中々治らず、腰痛を治す為に自ら指圧師になりましたので、腰痛に関して特に詳しく、当経絡指圧マッサージ治療院の治療実績もとても成績が良く、腰痛を治すことに関して患者さんから、高く評価されております。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入間川指圧センター

院長 西川 宗幸
(日本指圧師会正会員)

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
(グラム調整薬局・
ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、
踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911