カテゴリー

入間川指圧センター

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山
2F 206号室
(グラム調整薬局・ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911

最寄り駅

西武新宿線狭山市駅
西口より徒歩3分

駐車場完備

初めて車でご来院の方は、駐車場の場所をお知らせいたしますので、ご遠慮なく お電話ください

~  お知らせ  ~

2018年03月12日

自律神経失調症は心身症の1つです。

 

 自律神経失調症が起こる要因にも、その人の生活の仕方と感受性、その人が感じるストレスの強弱などが関係している場合が多いですが、ストレスも軽いうちなら比較的、簡単に自律神経失調症を良くすることが出来ます。

しかし、それが重く、長く続くと精神的にも肉体的にも疲労困憊した状態に陥り、ホメオスタシスという生命の恒常性維持機能が損なわれてしまい、やがて体調のリズムが崩れて心身症の1つである自律神経失調症が現れてきます

 

 

自律神経失調症は心身症の1つです。

器質的疾患と機能的疾患の身体疾患の総称である心身症のうち、自律神経失調症は機能性疾患に含まれます。

心身症とは、身体疾患の発症や経過に、心理的や社会的なストレスが密接に関与し、器質的疾患、機能的疾患などが認められる病態のことを言います。

つまり、こころが感じるストレス・社会から感じるストレスなどから、病院の検査で見つけられる疾患や、見つけられない疾患を総称して心身症と言うのです。

器質的疾患とは、胃炎や気管支炎などの炎症や癌・腫瘍など、臨床検査や画像検査で物質的に異常が認められる疾患のことを言い。

機能的疾患とは、一般的な検査をしても物質的に異常が見つからないが、機能や働きが障害されているものを言います。

 

 

現在医学では、人間を「体」と「心」の2つに分けて、体を身体疾患、心を精神疾患の2つの病気に分類しています。

多くの病院では病気はそのどちらかに分けられ、診断と治療がなされるのが一般的です。

しかし、最近の社会の複雑化や人間関係のトラブル、それらに関わる人々の心の変化によって、ストレス関連疾患が増加し、身体疾患と精神疾患の2つの分け方では対処できない病気も多くなりました。

そこで、心身症という病気の概念が出てきたのです。

 

 

心身症とは、心因的、精神的な悩みなど、心が起因となって、身体に様々な不調を生じる症状のことを言いますが、

具体的に、心身症のうち機能的疾患とは、自律神経失調症、過敏性腸症候群、機能性胃潰瘍、緊張型頭痛、過換気症候群、PMS(月経前症候群)、更年期障害、起立性低血圧、繊維筋痛症、不整脈、起立性調節障害などをいいます。

 

 

自律神経失調症は、心身症に似ていますが、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで身体に様々な不調が生じる症状として自律神経失調症と呼ばれておりますから、心が起因となって症状が表れる心身症とは少々異なりますが、自律神経失調症は身体の様々な不調が表れる身体的な症状ですので、こころが原因で身体の症状を生じている場合として心身症の機能的疾患に含まれるのです。

うつ病は、ストレスによって、心身のエネルギーが枯渇してしまった状態で、心も体も疲弊しきってしまった状態ですので、体の様々な機能を調整している交感神経と副交感神経の両方の自律神経の働きが鈍ってしまっています。

これに対して、自律神経失調症は、心身のエネルギーが枯渇して自律神経が働かなくなっているのではなく、交感神経と副交感神経の2つの自律神経は働いているけれども、バランスが悪い状態なのです。

 

 

 

入間川指圧センターでは、東洋医学の世界に精通しており、トフィソパムのような神経系の薬の副作用問題を、経絡という副作用のない東洋医学の治療法をもとに自律神経失調症の領域の病気や症状を精神安定させる経絡指圧を行っております。

東洋医学における中国経絡の施術は、身体の経穴(ツボ)を押して筋肉や自律神経失調症の緊張を和らげたり、内臓の働きを促進させたり、逆に過剰な状態を落ち着かせたりするものです。

こころが原因で身体に症状が現れるような疾患に対して、身体に直に作用を与える経絡指圧マッサージは、精神的に身体に異常が表れた状態を速やかに正常な状態に整えますので、自律神経失調症を含む多くの心身症の疾患を癒すのに適しているのです。

 

 

 

経絡指圧マッサージは、通常のマッサージよりも遥かに効能があり、中国鍼などの痛い鍼を使わずとも心地良い経絡指圧マッサージによって、自律神経失調症をも治してくれます。

また、古来より経穴(ツボ)は、精神的な疾患への治療効果が高く、精神安定剤などをなくしても精神を安定して、社会生活や日常生活を送ることが出来るようになれます。

入間川指圧センターでは、神経系には副作用の視点からも治療効果の観点からも限界があるところに着眼して、東洋医学の経絡・経穴による精神安定の治療または補助を提案しております。

 

 

 

古来から東洋医学では精神科・心療内科的疾患に対して経絡のツボ(経穴)で治療を行ってきた経緯があります。

経絡の経穴には、自分自身の内部から治す作用があり、身体の内部から経絡・経穴を指圧すれば、身体の中から泉のように生命力が復活すると言います。

ツボ押しは、施術者の感性にとても左右される世界です。

ツボ(経穴)は1人1人微妙に場所が違い、ツボへの侵入角度、深度、中心核の位置、深部核の形の捉え方が大切です。

また、一つ一つの経穴(ツボ)を押すだけではなく、どの様な組み合わせで使うのかということも、効果を左右する重大なポイントなのです。

入間川指圧センターでは、精神・神経系のツボ(経穴)にかなり効果的な指圧治療を行うことができます。

 

 

大変気持ちの良い指圧マッサージですので、一度、経絡指圧を受けに当治療院にお越しくださいませ。

当院では、お待ち時間のない予約制制度を導入しておりますので、ご予約頂いている予約開始時刻よりお待たせしません。

まずは、下記のお電話番号までお気軽にお電話ください。

 

108_0832_R

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入間川指圧センター

院長 西川 宗幸
(日本指圧師会正会員)

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
(グラム調整薬局・
ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、
踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911