カテゴリー

入間川指圧センター

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山
2F 206号室
(グラム調整薬局・ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911

最寄り駅

西武新宿線狭山市駅
西口より徒歩3分

駐車場完備

初めて車でご来院の方は、駐車場の場所をお知らせいたしますので、ご遠慮なく お電話ください

~  お知らせ  ~

2018年03月10日

自律神経失調症

自律神経失調症というのは、体調が悪いのに原因がわからなくて心と身体の不調和が起こるというのが特徴です。
例えば、
「身体がふらふらして外出するのが怖い」
「どきどきしてめまいがする。」
「手足が冷える。」
「胃腸の調子が宜しくない。」
などの症状があって、身体中悪いところだらけなのに、病院へ行って診てもらってもどこも悪くないと言われ、病院で検査をしても「低血圧症」「更年期障害」「メニエール病」などの病名がつけられ、対処療法を行うだけで少しも良くならない。こういった症状を自律神経失調症と言います。
最近、こういった症状で当指圧マッサージ治療院を訪れる人が多いです。
 
 
自律神経失調症というのは、自律神経の乱れが関係していそうな症状が現れている症状のことを言い、実際に何らかの検査方法にて自律神経失調症としての検査値が計測できるわけではありません。
 
 
それでは、どのように自律神経失調症と判別するのかと言いますと、基準となる沢山の症状に合っているかどうかでそれぞれの病院で判別しています。
 
 
自律神経失調症とは、内臓や器官には異常がなくても、その方の生活習慣の偏りによって、身体を働かせる自律神経の機能が調和を崩す為に起こるものなのです。
その為に臨床検査では異常が見つからないことがほとんどなのです。
 
 
では、自律神経失調症というのは具体的にどのような症状があるのでしょうか。
以下にまとめてみました。
 
【全身】微熱、だるさ、倦怠感、不眠
【神経】片頭痛、緊張性頭痛、頭重感、乗り物酔い、めまい、立ちくらみ
【目】眼精疲労、まぶたのけいれん、ドライアイ
【耳】耳鳴り、難聴
【咽喉】喉の違和感
【呼吸器】過換気症候群
【循環器】高血圧、低血圧、レイノー症状、不整脈、頻脈、胸痛
【消化器】慢性胃炎、神経性嘔吐、過敏性腸症状、お腹が張る、食欲不振、過食
【生殖器】月経前の不調、月経痛、産後のうつ気分、更年期障害、性機能不全
【泌尿器】神経性頻尿、残尿感、尿失禁
【皮膚】かゆみ、円形脱毛症、多汗、じんましん
【筋肉】筋肉痛、肩こり、腰痛
【手】手のひらの汗、書痙(手が震えて文字が書けない)
これらの症状は、年代別にどの年代が多いかとは言い切れません。
どの年代でも起こりうる症状なのですが、男女比で言えば、女性の方が圧倒的に多いです。
女性は月経、妊娠、出産、閉経など、常にホルモンにまつわる複雑な内部環境の変化にさらされていますので、女性特有の身体のリズムが自律神経と関わることも多く、育児や家庭生活、職場環境、人間関係などの社会的影響によっても、不安や葛藤、緊張を感じて自律神経失調症にかかりやすいのです。
当経絡指圧マッサージ治療院では、自律神経を安定させるツボを駆使して、上記にあげられたこういった自律神経失調症の症状を解消いたします。

痒い所に手が届きそうな、「あ~そこをほぐして貰いたかったんだぁ。」と思って頂けるような心地良い経験したことのないような、素晴らしい指圧マッサージをさせて頂く事によって、副交感神経を引き出せるリラックス効果の高い施術をいたします。

また、ストレスを解消できるツボ、精神を安定することができるツボを駆使することで、自律神経を安定化させることができます。

心と身体の不調和を感じて、自律神経失調症の解消をしたいと思い立ったのなら、是非、当経絡指圧マッサージ治療院をご利用くださいませ。

入間川指圧センターは、予約制となっておりますので、ご来院の際はお電話でご予約の上お越しくださいませ。

お電話お待ち申し上げております。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入間川指圧センター

院長 西川 宗幸
(日本指圧師会正会員)

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
(グラム調整薬局・
ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、
踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911