カテゴリー

入間川指圧センター

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山
2F 206号室
(グラム調整薬局・ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911

最寄り駅

西武新宿線狭山市駅
西口より徒歩3分

駐車場完備

初めて車でご来院の方は、駐車場の場所をお知らせいたしますので、ご遠慮なく お電話ください

~  ギャラリー  ~

2017年10月04日

肩こりがとれる癒しの水槽

 

肩こりがとれる本格指圧マッサージを行う入間川指圧センターでは、

癒しの空間をご提供するべく、観ているだけで肩こりがとれるような癒される熱帯魚水槽、水草水槽など5つの透き通る水で満たされた水槽をアレンジして、癒しの水槽をプロデュースさせて頂いております。

施術前のひとときや施術中などに観賞用水槽として待合室や診察室に展示しております。

 

 

熱帯魚水槽には、200匹の赤と青のコントラストがとても綺麗なカージナルテトラを飼育しておりますので、熱帯魚らしい美しい魚達が癒しの水槽の雰囲気を盛り立ててくれます。

日頃の喧騒的なストレスから開放されて、皆様の肩こりの重さもすっきり軽やかになられることと思います。

 

 

肩こりを癒してくれる沢山の熱帯魚を飼う為には、水槽の水質を綺麗に保つ、ろ過装置が必要不可欠です。

水質の浄化管理には、魚たちが排泄物した有毒な糞などのアンモニアを分解して、無害な硝酸に作り変える生物的ろ過を行うことが重要になってきます。

当指圧マッサージ治療院では、水質の浄化管理の為に、高品質の2種類の硝化バクテリア(アンモニア酸化バクテリアと亜硝酸酸化バクテリア)を使用しております。

 

 

 

魚は通常、糞としてアンモニアを排泄いたしますが、アンモニアは魚にとっても有害ですので、アンモニウムイオンをアンモニア酸化細菌によって無害化するために一旦、亜硝酸イオンに変えてあげなければなりません。

また、亜硝酸をさらに無毒化する為に、亜硝酸イオンを亜硝酸酸化バクテリアによって、無害な硝酸イオンに分解する必要があります。

アンモニアイオンを亜硝酸イオンを経て硝酸イオンに酸化する細菌を総称して硝化細菌と呼ばれています。

良く、先生の所の水槽は何故こんなに透き通っているのですか?と患者さんに質問されますが、それは、「肩こりが取れるような癒しの水槽」を作る為に、バイオテクノロジーから考えられた無害化バクテリア技術によって作られたものなのです。

 

 

硝化細菌は、自然界の中の土壌や河川、湖沼などの水界にも広く存在しています。

「肩こりが取れるような癒しの水槽」を作り上げている硝化細菌は、アンモニウムイオンや亜硝酸イオンを酸化することにより生命の維持や増殖に必要なエネルギーを得ており、下水処理場でもバイオテクノロジーとして多く活用されおります。

このバイオテクノロジーは、環境汚染の原因となる有毒なアンモニアや亜硝酸のような窒素化合物を生物学的に除去する際に重要な役割を果たしているのです。

環境問題の解決のために、バイオテクノロジーとして微生物の力を有効に活用するという試みは私たちの日常の生活でも幅広く利用されております。

 

 

入間川指圧センターでは、単に肩こりが取れるような癒しの水槽作りをするだけでなく、多くの患者さんの肩こりを治してきた28年以上の実績があります。

 

 

肩こりは、東洋医学では頭や腕を支える僧帽筋・肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋などの筋肉の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、筋肉内に疲労物質が蓄積して作られた硬結と言われる硬いシコリが神経を刺激することで肩こりを起こすと考えられております。

 

 

 

硬結ができると血液の循環障害も起き、酸素や栄養分が末端まで届かなくなって、さらに肩こりを起こしてしまいますので、硬結を取り除くことで肩こりはなくなります。

入間川指圧センターでは、硬結を経絡指圧によって取り除くことを得意としており、指圧マッサージの手技として皆様の信頼を得ております。

 

 

当指圧マッサージ治療院では、的を得た的確なツボの指圧治療に患者さんからご好評頂いておりますので、ご予約が満員で中々、予約が取りにくい時も有るかと存じますが、皆様の肩こりを取り除くことを第一に考え、出来るだけご要望の予約希望時刻に添えますよう最善を尽くしますので、お気軽にお電話頂けますようお待ち申し上げております。

 

142094-2_R

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入間川指圧センター

院長 西川 宗幸
(日本指圧師会正会員)

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
(グラム調整薬局・
ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、
踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911