カテゴリー

入間川指圧センター

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山
2F 206号室
(グラム調整薬局・ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911

最寄り駅

西武新宿線狭山市駅
西口より徒歩3分

駐車場完備

初めて車でご来院の方は、駐車場の場所をお知らせいたしますので、ご遠慮なく お電話ください

~  施術事例  ~

2018年03月22日

更年期障害による肩こりをマッサージして解消しましょう。

 

更年期障害の時期になると、肩こりの自覚が無かったとしても、肩がバンバンに張ります。

こんな時にはマッサージしてあげると良いのですが、枕を変える方が多いです。

 

 

 

枕を数十個変えても、特に肩こりが良くなるなどの変化がなかったと口を揃えて患者さん達は仰います。

 

 

先日、ご来院された45才女性S・Oさんでは、肩こりから始まって、首が動きにくくなり、手にシビレまで出たそうですが、レントゲンを撮っても特に異常はなく、医師から更年期障害ではないかと言われたそうです。

当経絡指圧マッサージ治療院でマッサージして差し上げたら、簡単にシビレがなくなりました。

 

 

このように更年期障害には、肩こりをはじめ様々な症状が現れます。

更年期障害になると卵巣の働きが低下するので、卵巣機能を回復させようと脳下垂体から性腺刺激ホルモンが多量に分泌されるようになりますが、これがホルモン全体のバランスを崩す結果となり肩こりなどを起こすようになりますので、良くマッサージしてあげると良いでしょう。

 

 

更年期障害では、肩こりの他にも様々な更年期障害の症状がありますので代表的なものを次に述べます。

 

 

 

①更年期障害による火照り

 

全身または、首など身体の一部が熱くなるような感じ、いわゆる(ホットフラッシュ)が1日に何度となく起こり止めることができにくくなります。

この時、肩がバンバンに張って肩こりになっていることが多いです。

これはエストロゲン減少を感知した視床下部から性腺刺激ホルモン(LH-RH)がパルス状に分泌され、発汗中枢を刺激するためと考えられています。

ホットフラッシュは、他の症状と共に更年期障害の特有な症状です。

ホットフラッシュには、マッサージやオイルマッサージをしてあげるとかなり緩和されます。

 

 

②更年期障害による発汗

 

寝汗や、寒いときでも吹き出すような汗を首の周り、腰周りなど、部分的に汗をかくことは更年期障害の特徴的な症状と言えます。

発汗は通常、副交感神経によって調整されておりますが、寒いときに汗ばるのは、通常の逆の出現の仕方なので、このような症状は代表的な自律神経失調症の症状と言えます。

首の発汗には、首をマッサージしてあげると余計な発汗は無くなって良いのですが、頚椎のマッサージは熟練者でもかなりのテクニックを要します。

 

 

③更年期障害による腰や手足の冷え

 

女性では若い頃から冷えは訴えの多い症状でありますが、特に更年期障害の時期にはひどくなりやすい自律神経失調症状のひとつです。

手足の末端が血行不良になってしまっておりますので、お風呂でのマッサージやオイルを使ったマッサージなどをしてあげると良いです。

 

 

④更年期障害としての息切れ、動悸。

 

狭心症や心筋梗塞、子宮筋腫などによる貧血、呼吸器疾患などがはっきりとある場合以外のはっきりした原因がないのに急に動悸がしたりするのは、自律神経失調症状のひとつであり、また、更年期障害の現れです。

心臓や狭心症のツボは肩背部にあるので、狭心症や心臓病の前兆として肩こりが現れることが多いです。

 

 

⑤更年期障害の時期での寝つきの悪さ、眠りの浅さ。

 

仕事、家庭内のストレスなど特に思い当たることがなかったとしても更年期障害の時期には不眠になることが多々あります。

そんなときには、気が付かないうちに、肩こりが酷くなっていることが多く、肩こりをほぐすと寝付きがしやすくなります。

 

 

⑥更年期障害の時期での怒りやすさ、イライラしやすさ。

 

更年期障害になると、精神的に不安定になりやすく、肩が張り肩こりが酷くなってイライラしたり、情緒不安定になることが多いです。

本人が自覚して気に病むのは精神的な病気よりも更年期障害の範囲の方が多く、

精神的な病気にかかられていると不安定になっていることを本人が自覚しにくいです。

経絡の世界では、更年期障害の怒りやすさ、イライラしやすさを緩和してくれます。

ツボ指圧による効くマッサージは大変気持ちが良く、リラックスできた上に、経穴(ツボ)の効力によりイライラを解消してくれます。

 

 

⑦更年期障害の時期では、くよくよしやすい、憂うつになりやすいです。

 

肩が張り肩こりが酷くなるとイライラしたり、情緒不安定になりますが、更年期障害の時期に起こりやすい初老期うつ状態と区別する必要があります。

自らの体の老化を強く意識して老いや老後の生活への不安を感じたり、心身のバランスが崩れて更年期うつ病になりやすい時期でもあります。内にこもりやすいので、家人が気付くことが大事であります。

 

 

⑧更年期障害の関与する頭痛、めまい、吐き気

 

血管性頭痛や耳鳴り、めまいなど脳神経外科や耳鼻科の診療範囲ですが、めまいや耳鳴を治療できる薬はなく、めまいなどは薬にて、

一時的に症状を緩和するものの治るまでには至らないです。

耳鳴りとめまいは密接な関係があり、血管が首を通過して頭、耳を巡りますので、首と肩こりをほぐすと血流が良くなり、頭痛、耳鳴り、難聴、めまい、吐き気などは首・肩こりをほぐすと治ります。

 

 

⑨更年期障害の時期での疲れやすさ。

 

易疲労感は単なる年齢的な変化ではなく、やる気が起きないなど精神的な部分とも関係していると言われていますが、経絡には、身体疲労と精神疲労を取り除く経穴が多く存在し、肉体的な疲れ精神的な疲れを解消してくれます。

 

 

⑩更年期障害での肩こり、腰痛、手足の痛み

 

日本人には肩こりが多いですが、近年、欧米人でも肩こりで訴える人は多くなっているようです。帰国子女の方にアメリカでの生活を伺ったところ、ステイ先の奥様が肩を揉んでほしいと良く頼まれたと申しておりました。

更年期障害での関節痛は、年齢が高齢者ということもあり、関節リウマチと鑑別されて間違われやすいですが、更年期障害の時期には、腰、膝、足首、足底、肘、手首に至るまで、様々な関節痛が起こり得ます。

肩こりだけではなく、関節痛も当経絡指圧マッサージ治療院の治療得意とする分野です。

 

 

 

⑪更年期障害には卜イレが近く、尿漏れがしやすくなる症状があります。

 

膀胱膣粘膜の萎縮や、年齢的な衰えによる尿道括約筋の脆弱化から尿失禁が起こりやすくなります。

子宮の病気などでも、尿失禁が起こりやすくなります。

尿失禁にはトイレが間に合わない「切迫性尿失禁」や、くしゃみをしたときに起こる「腹圧性尿失禁」両方が合わさった「混合型尿失禁」などがあります。

 

 

 

⑫更年期障害のひとつの症状には、膣や尿道がヒリヒリしたり、性交痛がある場合があります。

 

泌尿生殖系の粘膜が薄くなり、萎縮性膀胱炎や膀胱炎も起こしやすくなり、尿検査でも潜血反応が出ることもあります。

また、性交時、エストロゲン欠乏によって膣粘膜が弱くなるために、細かい傷からしみるような痛みが起こったり、薄茶色のおりものが出ることがあります。

 

 

 

当経絡指圧マッサージ治療院では、更年期障害の指圧治療に20年以上前から積極的に取り組んでいます。

当指圧マッサージ治療院では、更年期障害の緩和・治療に効果的な自律神経の安定を促すツボへの指圧マッサージ、子宮卵巣の安定に効果的な指圧マッサージ、更年期障害の影響によって生じるほてり、頭痛、肩こり、不眠、イライラ、手足の冷えなどや、精神安定への効果的な経絡指圧マッサージを施術しております。

 

 

 

大変気持ちの良い経絡を用いた効果的な指圧マッサージですので、一度、経絡指圧を受けに当治療院にお越しくださいませ。

当院では、お待ち時間のない予約制制度を導入しておりますので、ご予約頂いている予約開始時刻よりお待たせしません。

まずは、下記のお電話番号までお気軽にお電話ください。

 

110_1051_R

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年03月06日

坐骨神経痛/入間川指圧センター

 

坐骨神経痛でお悩みの方は、腰を温めるようにしましょう。

腰を温めることによって坐骨神経周辺の筋肉が緩む為に、痛みが一時的に緩和します。

また、神経そのものを温めることによって、慢性的な神経の緊張も治まり痛みが収束します。

 

 

寒いときに立ち続けるようなお仕事に就く人や、逆に長時間座り続けるような作業が多い方は、ももやふくらはぎ、すね、足指、足底などの足に重だるさやシビレを伴う人が多いです。

このような症状は坐骨神経痛と呼ばれておりまして、大抵は腰が原因となって発症します。

 

 

入間川指圧センターでは坐骨神経痛の原因は主に次の3つに大別されると考えております。

①腰椎や仙骨に器質的な変性があるために坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛となっている。

②腰椎周辺の筋肉に何らかの硬直があり坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛となっている。

③骨盤を含む脊柱に器質的あるいは機能的な歪みがあり坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛となっている。

 

 

①の腰椎そのものに器質的変性があるとは、腰椎(脊椎)の中心に流れている脊髄を覆っている脊椎管が何らかの原因によって直接的に圧迫され坐骨神経痛となっているケースの事を差します。

例えば何らかの器質的な坐骨神経の圧迫または脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などの病気によって、脊柱管を圧迫して坐骨神経痛になるケースです。

 

 

②の腰椎周辺の筋肉に何らかの硬直があり坐骨神経痛となっているケースとは、病院などでレントゲン撮影をすると骨には異常がないケースがかなりの確率で占有しており、病院で診て貰っても「骨には異常がありません。」と言われて原因不明となってしまうケースのことです。

腰椎周辺には脊柱起立筋や腸腰筋、梨状筋しいては骨盤付近も含めると深層外旋六筋や中臀筋、大臀筋など多数の筋肉で複雑に構成されており、腰とはまさにそれらのバランスでのみ成り立っていると言っても過言ではありません。

こういった筋肉群のいずれかの筋肉内に硬直が生じて坐骨神経への圧迫をもたらしているケースのことを上げております。

 

 

③の骨盤を含む脊柱に器質的あるいは機能的な歪みがあり坐骨神経痛となっているケースですが、よく骨盤の歪みを治して痩せたとか、骨盤の歪みを治すと腰痛が治るとか聞いたことがあると思いますが、骨盤は人間の土台となる言わば建物で言う所の「基礎」となります。

骨盤を基礎と見立ててそこに柱を立てたものそれが脊柱です。

建物の基礎と柱が歪んだら建物はどうなるでしょう?倒壊してしまいますよね?

それと同じで、人間も基盤となすところである骨盤や脊柱が先天的な側弯症、あるいは後天的な側弯症になった場合、脊柱の底辺となす第4番腰椎や第5番腰椎に最も圧力が掛かり、その影響で坐骨神経痛が生じることがあるというのが本文の説明です。

 

 

 

入間川指圧センターでは、①~③のような重大な腰痛への治療を大変得意としており、脊椎管へ悪影響を与えることなく、脊柱管を圧迫している病巣部の神経の流れと血流の流れを回復させ修復させることができる経絡指圧マッサージ治療に専念しております。

骨盤を含む脊柱に、先天的または後天的な歪みや側弯症があったとしても、綺麗な歪みのない身体へと整体して導きます。

大変気持ちの良い指圧マッサージですので、一度、経絡指圧を受けに当治療院にお越しくださいませ。

当院では、お待ち時間のない予約制制度を導入しておりますので、ご予約頂いている予約開始時刻よりお待たせしません。

まずは、下記のお電話番号までお気軽にお電話ください。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年03月05日

自律神経失調症を経絡マッサージで安定させましょう。

春に多く現れる自律神経失調症ですが、実は自律神経失調症という病名は、医学的には正式な病名ではありません。

 

自律神経失調症というのは、自律神経の乱れが関係していそうな症状が現れている症状のことを言い、実際に何らかの検査方法にて自律神経失調症としての検査値が計測できるわけではないのです。

 

 

それでは、どのように自律神経失調症と判別するのかと言いますと、基準となる沢山の症状に合っているかどうかでそれぞれの病院で判別します。
検査値によって自律神経の失調を確認することが出来ないわけですから、基準となる症状が別の病気と重複するものがあれば、原因を別の病気とつけられてしまうこともあります。
例えば、軽症のうつ、神経症、不安障害などの病名をつけることも可能なのです。

 

 

 

正式な病名でない自律神経失調症という言葉が多用されるのは、精神的な症状の根幹となって自律神経失調症から多くの精神的な病気に発展することが多く、暫定的に自律神経失調症と診断して、適切にストレスを管理し、適切なマッサージなどを行って、症状を安定に導けば重度のうつや神経症に至ることなく症状が軽快することが多いからです。

 

 

今日におきまして、 大うつ病や双極性障害などはストレス社会に生きる現代人なら誰でもかかる可能性があることが医学的に認められており、そうした精神的な病気は自律神経失調症よりも重い症状が現れ大変厄介なことなのです。
このような大きな病気にかかる前に、自律神経失調症を疑い、適切なマッサージなどの対処療法を行えば軽度な自律神経失調症だけで済むというわけです。
もちろん、自律神経失調症にかかられて悩んでいる人の中には、中々治りにくく苦しい毎日を送っておられる方もいらっしゃるでしょうし、病院を転々としていらっしゃる方もおられるでしょう。

自律神経失調症だけでも、大変な症状とも言えます。

 

 

 

入間川指圧センターでは、自律神経失調症を軽視せず、積極的に経絡マッサージで安定させることによって重症化せずに薬などを使わずに治すことに成功している事例が沢山ありますので、今まで病院に通院され効果が出なかった人に対しても大変有意義で治療効果のある施術を行っております。

 

 

当経絡指圧マッサージ治療院では、3500年の歴史がある中国経絡の奥義として扱われている精神系の難しい経穴を使い、通常治すことが困難な自律神経失調症も改善している事例が多くあります。

 

 

病院にかかるということは、精神安定剤を処方されたり、ホルモン剤を処方されるのが一般的なので大抵の場合、薬の副作用によってかえって病状が悪化している事例も多くありますが、だからと言って薬を急に止めたりするのは危険なことです。
多くの精神安定剤や心療内科系、精神科系の薬には常用性があり、急に断つと依存性に対する禁断症状が現れてしまいますので、自律神経失調症を治しながら状態の安定を確かめつつ、精神的に作用する薬の量を上手にコントロールしなければなりません。
しかし、もし薬の量のコントロールに失敗して精神的に悪化してしまえば、薬の量を増やされてしまうのが病院での妥当な処置ですので、薬の量が増えてしまえば、薬をコントロールするどころか元の木阿弥となって前よりも悪くなってしまいます。

 

 

 

入間川指圧センターでは、経絡指圧マッサージによって、自律神経失調症を安定した状態に導きながら、薬の量を少しずつ減らせるような良好な精神的改善を促しております。
普通のマッサージとは違う経絡指圧マッサージを行うのは、マッサージ治療院としては大変珍しいことで多くのマッサージ屋さんでは行っておりません。

当経絡指圧マッサージ治療院の院長は、あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格を所持し、29年の長きに渡って自律神経失調症などの精神系疾患と真剣に取り組んで参りました。
それ故、精神的な疾患にとても詳しいですし、薬や普通のカウンセリングとは違った経絡指圧マッサージという新たなアプローチの仕方で、心身ともに身体の状態を整えて患者さんから高く評価され支持されております。

 

 

昨今は、国から認められていない無資格のマッサージ治療院が横行してしまい、そういった治療院にてかえって壊されてしまった身体を治して欲しいという依頼が多く、当指圧マッサージ治療院に来られる患者さんが増えました。
自律神経失調症などの精神系疾患は、大変難しい症状ですので自己判断なされずに、こういった症状でお悩みの方は1度是非とも入間川指圧センターにお越し下さいませ。
当経絡指圧マッサージ治療院は、ご予約制となっておりますので下記の電話番号にお電話をされご予約をお取りになられてからお越し下さい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
入間川指圧センター
http://irumagawashiatsu.jp
住所:埼玉県狭山市入間川2-7‐49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
TEL:04-2954-1911
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

入間川指圧センター

院長 西川 宗幸
(日本指圧師会正会員)

狭山市入間川2-7-49
ロータリーライフ狭山 2F 206号室
(グラム調整薬局・
ぎんなんクリニック道路挟んだ隣、
踏み切り前、2F看板目印)

04-2954-1911